クロノテックスを施工してみました(2)

2007年 12月4日 火曜日

大利木材㈱ 事務所の応接スペース一部に、クロノテックスを施工してみました。
既存のタイルカーペットをめくり、掃除をします。

古い建物で、タイルカーペットの下は以前使用していた木製フローリングが出てきました。
今回は実験的な意味合いもあるので、古い木質フローリング(幅方向のわん曲=不陸あり)の上に直接クロノテックスを置いていきます。

これがクロノテックスの梱包です。
取扱いの際は、サネを傷つけないように注意してください。
カラー刷り用紙の裏には施工の方法(英文)が記載されています。
ラミネートフローリングでオフィス改装
壁際に隙間をつくるために、スペーサーをおいていきます。
ラミネートフローリングでオフィス改装
写真はクロノテックス社製のスペーサーで、2枚重ねで置くと約10mmの隙間になります。
スペーサーは合板の端材などでの代用でかまいません。

1枚目を置きます。
ラミネートフローリングでオフィス改装
今回は現場が狭く、次の1枚がはみ出るので、メジャーではかり、カットします。
ラミネートフローリングでオフィス改装 ラミネートフローリングでオフィス改装
1列目はまだはめこまないで、次の列のの1枚目を置きます。
本来2列目の最初は長さ400mm程度にカットしたものを使いますが、今回は1列目のカット残りを使いました。
ラミネートフローリングでオフィス改装 ラミネートフローリングでオフィス改装
写真右のように、仮置きします。
(つづく)
>>3

関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.