大利木材の私有林でCO2吸収に貢献しています

2012年 4月26日 木曜日

徳島県内の私有林を保有する企業・団体からの寄付金で、植栽・間伐などを実施する「とくしま協働の森事業」。徳島県による平成22年度のこの事業に大利木材も参加しました。

植林と伐採はCO2吸収量に換算され、森林CO2吸収量証明書も頂きました。


写真は、その事業の一環として森に立てられた建て看板です。

大利木材の森では年間17.31tのCO2削減に貢献したことになります。

徳島県の森林は82.6%が私有林です。
全国平均は58%ですので、かなり多い方です。
(※ちなみに徳島県の4分の3が森林におおわれている)

私有林は、「管理放棄」や「境界の不明確化」が深刻な問題となっています。
これは林業の収益性が低いのが一番の要因です。

スギ・ヒノキの森林は、間伐・植林を行うことで活性化し、CO2の吸収量が増えます。
今後、収益につながる林業⇒製材⇒2次加工といった仕組みづくりが必要であり、大利木材では、ほとんどを輸入材にたよっている2×4材の国産化に向けた試験・試作にも取り組んでいます。

 

関連記事

四国ガス(株)今治本店ショールームに「イーフロアー」が納入されました。
無垢フローリング「イーフロアー・サーモ」サーモアッシュの販売を開始いたしました。
「西日本ヘアメイクカレッジ」現場(大阪)へ納品いたしました。
徳島杉 無垢フローリング | 新築住宅 [6] 階段
徳島チャレンジメッセに藍染杉ブースで出展しました
徳島新聞に藍染杉記事が掲載されました(中小企業展)
藍染杉が新聞に掲載されました(四国4新聞社)
原木輸入・販売
プライムフロアーの電子カタログができました
ベイスギ(ウエスタン・レッドシダー)デッキ材 | 愛媛県 [5]
レッドシダー(ベイスギ)デッキ材
スギ間伐材の土壌改良特性
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
丸太のベンチ
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
新宿パークタワーOZONEに藍染杉ブースが登場
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [2]
1x6のベイスギ(ウエスタン・レッドシダー)壁利用 | 井川設計工房モデルハウス
クールジャパンの芽の発掘・連携促進事業に採択されました
関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.