藍染杉テレビ台が徳島県庁に採用されました

2011年 2月9日 水曜日

藍染杉テレビ台が徳島県庁に採用され、県庁玄関ホールに設置されました。

さっそく注目されていました。

徳島新聞でも紹介されています。

徳島県は4日、県庁で開催される会議などを案内する46インチの大型液晶テレビを本庁舎玄関ホールに設置した。モニター台には藍で染めた県産スギを活用し、徳島らしさをPRしている。

会議の内容や時間、場所などを一覧にして表示。背景画像には、県のホームページで募集したフォトコンテストの入賞作品や、県内の観光スポットなどの写真を使用している。

モニター台の下部には県産スギを使った木目透過性のLED表示板を設置。県産材の利用促進など県民向けのメッセージが流れる仕組みになっている。

会議の案内システムには、県と県内企業が共同開発した行政情報システム「Joruri(ジョールリ)」を活用。この日あった点灯式で、飯泉嘉門知事は「県民にとって身近で、利便性の高い県庁に進化させていきたい」と話した。

関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.