ログハウス建築(2)土台部分

組み上げの土台となる部分です。
水平になるよう調整します。

※本来は基礎工事が必要ですが、今回は組み上げたあとにバラして実際の現場に持っていって組み直すので、このようなやり方をしています。

土台部分には時間がかかりますが、そのあとは1日1段ずつ程度のペースで組み上げられるそうです。

削られている部分に次の段の丸太が直行して乗っていきます。

丸太をとりあえず仮置きしました。

仮置きの丸太はこのような金物で仮留めしています。

ノコを入れる箇所にスクライバーで印をつけていきます。
※スクライバーとは、2方向に水平器のついたコンパスです。ログハウス作りには欠かせません。

印を入れた箇所をチェーンソーで削ります。

切り口をきれいに整えます。

 

関連記事

徳島市津田木材団地にてログハウスを建築中です
ログハウス建築(4)
ログハウス建築(3)丸太側面をカット
ログハウス建築(1) 丸太の皮むき
ログハウス
ログハウス建築(5) 無人島に船積み輸送
ログハウス建築(6) 無人島のログハウス
丸太のベンチ
関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.