ヤング係数とは

ヤング係数とは、木材の変形し難さを表す係数です。
ヤング率、弾性係数とも呼ばれます。

数字が大きいほど強度があるとされます。
一般に、曲げによって測定する曲げヤング係数が用いられることが多いです。

徳島杉の場合、たわみやすいほど、破壊されやすい、つまりヤング係数が小さいとされます。
具体的には、15年生(15才)までの若い杉は、雨風・雪などでたわみやすい性質を持っています。
木自身にとっては生き残るためにたわみやすくしているのですが、ヤング係数は小さくなっています。

15年生より古い杉は、だんだんとかたく、強く、ヤング係数も大きくなります。

また、「心材ほどヤング係数が大きい」というのは間違いで、心材はヤング係数が小さく、破壊されやすい傾向にあります。
よってヤング係数の高さを考慮する場合は特に、丸太の選び方、木取りの段階から注意して製材する必要があります。

 

関連記事

E4Eとは - ウッドデッキ
赤身とは - 木材
モルダーがけとは
構造用集成材
構造用LVL
衛星データによる森林特性の解析
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
間伐材の大規模搬出技術
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
多様な森林施業のために | 遷移と森林
林業~作業現場へのモノレールの活用について
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
プロセニアムとは
【気流止めとは】
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
3階建て住宅の実大火災実験
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
ツーバイ材 材寸表(KD)
2011年 3月18日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.