ヤング係数とは

ヤング係数とは、木材の変形し難さを表す係数です。
ヤング率、弾性係数とも呼ばれます。

数字が大きいほど強度があるとされます。
一般に、曲げによって測定する曲げヤング係数が用いられることが多いです。

徳島杉の場合、たわみやすいほど、破壊されやすい、つまりヤング係数が小さいとされます。
具体的には、15年生(15才)までの若い杉は、雨風・雪などでたわみやすい性質を持っています。
木自身にとっては生き残るためにたわみやすくしているのですが、ヤング係数は小さくなっています。

15年生より古い杉は、だんだんとかたく、強く、ヤング係数も大きくなります。

また、「心材ほどヤング係数が大きい」というのは間違いで、心材はヤング係数が小さく、破壊されやすい傾向にあります。
よってヤング係数の高さを考慮する場合は特に、丸太の選び方、木取りの段階から注意して製材する必要があります。

 

関連記事

坪とは - 単位
赤身とは - 木材
OSBとは
μ値(ミュー値)とは
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
間伐材の大規模搬出技術
快適な木の住まいとダニ対策
林業~作業現場へのモノレールの活用について
テーパーとは
プロセニアムとは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
【気流止めとは】
破風板とは
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
3階建て住宅の実大火災実験
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
2011年 3月18日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.