3階建て住宅の実大火災実験

3階建てツーバイフォー住宅を実際に建てて燃やした実験です。
一時間たっても外壁も屋根も自立したまま倒壊しませんでした。

» 発火から5分経過
1階リビングの開放した窓から黒煙がたち昇りはじめる。
» 10分経過
高熱のため1階キッチンの窓ガラスが割れ、黒煙が建物全体を覆う。
» 20分経過
キッチン以外の1階の窓ガラスも割れ、全面から炎が出る。1階キッチン、リビングは鎮火状態へ。
» 40分経過
可燃物が燃え尽きた1階キッチン、リビングの炎が小さくなる。
» 70分経過
3階南の寝室に設置された木製サッシは燃えているものの、落下せず、ガラスも割れていない。
» 73分経過
消火直前。実験を中止した段階で、3階南の居室と小屋裏は500℃には達せず、火も入らなかった。
2012年 11月20日 火曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.