耐震・制震・免震構造とは

耐震構造

耐震構造とは、地震力を建物全体で受けとめて抵抗する構造のことです。最も一般的な構造であり、在来工法の筋交いもこの考え方の上で成り立っています。

地震エネルギーがそのまま家屋に伝わるので、免震、制震に比べ地震時に壁や家具等が損傷しやすいとされますが、免震構造や制震構造でも地震力をゼロには出来ないので、耐震構造を併用することとなります。

制震構造

制振構造とは、特別な装置や材料を用いて地震による構造躯体の変形や振動を低減する構造です。ツーバイフォー工法はもともと変形が小さく、適度な制振性を持った面構造であるため、特別な制震装置等はあまり必要とされません。(鉄骨造のように振動が長く続く構造や、大きく変形する構造に制震構造は適しています。)

免震構造

免震構造とは、建物の基礎・地盤と上部構造とのあいだに積層ゴムなどの特殊な免震装置を入れることにより、地震動を上部構造に伝えにくくする構造です。揺れそのものを軽減することによって、室内の損傷などの被害を防ぐことができるとされます。

現実の地震での倒壊棟数

» 阪神淡路大震災におけるツーバイフォー住宅の被害
» 東日本大震災におけるツーバイフォー住宅の被害

 

関連記事

坪とは - 単位
赤身とは - 木材
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [1] 事業概要
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [4] 2x4部材としての合板代替品の強度試験
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [5] おわりに
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
構造用集成材
衛星データによる森林特性の解析
広葉樹の光環境に対する適応性
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
テーパーとは
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
ツーバイ材 材寸表(KD)
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [1]
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
2012年 11月2日 金曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.