間柱(スタッド)とは

スタッド
間柱(スタッド)とは柱と柱の間に立てられる細い柱のことです。
石膏ボードやサイディングボードなどの壁材を固定する骨組みとなる下地材です。

ツーバイフォー工法においては、スタッドは壁面の重要な構造部材のひとつです。
通常の柱と柱の間に間柱を入れることによって壁材の固定箇所を増やし、丈夫な壁を作ることが出来ます。

 

関連記事

ラミナとは
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
Q値(キュー値)とは
衛星データによる森林特性の解析
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
林業:集材方法の概略判定について
テーパーとは
つららと断熱の関係
屋根勾配(やねこうばい)とは
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
ベタ基礎とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
構造用合板に釘がめり込んだら…?
掛け張りとは
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2011年 6月21日 火曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.