S4Sとは – ウッドデッキ

無垢ウッドデッキ材でS4S(エス・フォー・エス)とは、四方面が滑らかに加工されているということを指します。
スムーズ・4サイド・サーフェイス(Smooth Four Side Surface)、四つの表面がツルツル、の意味です。
一般的な無垢のウッドデッキ材はたいていS4S、四面仕上げ加工までしてあります。S4Sとは

 

関連記事

徳島杉(赤身)デッキ材 | 戸建賃貸住宅 [1]
全徳島建設労働組合フレッセ新会館にデッキ材を納入しました
セランガンバツ デッキ材 [2] 全徳島建設労働組合フレッセ新会館
セランガンバツ デッキ材 [5] 全徳島建設労働組合フレッセ新会館
構造用集成材
μ値(ミュー値)とは
ベイスギ(ウエスタン・レッドシダー)デッキ材 | 愛媛県 [1]
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
多様な森林施業のために | 遷移と森林
林業:集材方法の概略判定について
テーパーとは
プロセニアムとは
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
耐震・制震・免震構造とは
3階建て住宅の実大火災実験
1x6のベイスギ(ウエスタン・レッドシダー)壁利用 | 井川設計工房モデルハウス
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2009年 11月25日 水曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.