屋根勾配(やねこうばい)とは

屋根勾配とは、屋根の傾斜の度合いを示すものです。

3寸、4寸、5寸、6寸などと言い表します。
数字が大きくなるほど傾斜(角度)がきつくなります。

30°、60°などという角度ではなく「寸」表現なのは、底辺10寸に対して高さが何寸、という表現のほうが計算上便利なためです。

たとえば屋根勾配が3寸で、底辺(水平距離)が4Mの場合、

屋根勾配3/10 × 4M = 高さ1.2M

という風に簡単に求められます。
※角度から求める場合、タンジェント[tanθ]が出てきてややこしくなります。

ちなみに、太陽光発電に最適な屋根勾配は6寸(30度)です。
3寸勾配が多い日本ではイレギュラーな屋根となります。

 

関連記事

ラフ(木材)とは
間柱(スタッド)とは
壁内気流(壁体内気流)とは
構造用LVL
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
スギ黒心材の耐蟻性
木材の含水率について
つららと断熱の関係
破風板とは
ベタ基礎とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
C値とは【隙間相当面積】
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
耐震・制震・免震構造とは
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
ヘリンボーン貼りとは
ツーバイ材 材寸表(KD)
2011年 11月18日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.