屋根勾配(やねこうばい)とは

屋根勾配とは、屋根の傾斜の度合いを示すものです。

3寸、4寸、5寸、6寸などと言い表します。
数字が大きくなるほど傾斜(角度)がきつくなります。

30°、60°などという角度ではなく「寸」表現なのは、底辺10寸に対して高さが何寸、という表現のほうが計算上便利なためです。

たとえば屋根勾配が3寸で、底辺(水平距離)が4Mの場合、

屋根勾配3/10 × 4M = 高さ1.2M

という風に簡単に求められます。
※角度から求める場合、タンジェント[tanθ]が出てきてややこしくなります。

ちなみに、太陽光発電に最適な屋根勾配は6寸(30度)です。
3寸勾配が多い日本ではイレギュラーな屋根となります。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
坪とは - 単位
モルダーがけとは
間柱(スタッド)とは
OSBとは
衛星データによる森林特性の解析
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
林業~作業現場へのモノレールの活用について
スギ黒心材の耐蟻性
プロセニアムとは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
【気流止めとは】
妻壁とは
ベタ基礎とは
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
掛け張りとは
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
2011年 11月18日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.