耐火構造の木造住宅(ツーバイフォー工法)


2004年、日本ツーバイフォー建築協会が木造で初めて主要構造部(耐力壁、間仕切、床、屋根、階段)の国土交通大臣耐火構造認定を取得しました。

その結果、枠組壁工法による木造耐火建築物の建設が可能となりました。

現在は、耐火構造でなければ建てられない地域(防火地域内で100平方メートル以上の住宅など)や用途(商業施設、ホテル、高齢者向け施設、保育所、幼稚園など)の建物を建設することが出来ます。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
坪とは - 単位
白太(しらた)とは - 木材
赤身とは - 木材
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [2] 試験体製造過程
国産材2x4への取り組み
パララム(Parallel Strand Lumber)
さまざまなエンジニアードウッド
Q値(キュー値)とは
衛星データによる森林特性の解析
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
屋根勾配(やねこうばい)とは
2x4工法で広いリビング・ダイニングの実現は可能か
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
3階建て住宅の実大火災実験
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
2012年 10月3日 水曜日  |   関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.