耐火構造の木造住宅(ツーバイフォー工法)


2004年、日本ツーバイフォー建築協会が木造で初めて主要構造部(耐力壁、間仕切、床、屋根、階段)の国土交通大臣耐火構造認定を取得しました。

その結果、枠組壁工法による木造耐火建築物の建設が可能となりました。

現在は、耐火構造でなければ建てられない地域(防火地域内で100平方メートル以上の住宅など)や用途(商業施設、ホテル、高齢者向け施設、保育所、幼稚園など)の建物を建設することが出来ます。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
白太(しらた)とは - 木材
木造トラス製造
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [4] 2x4部材としての合板代替品の強度試験
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
熱橋(ヒートブリッジ)とは
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
多様な森林施業のために | 遷移と森林
プロセニアムとは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
2x4工法で広いリビング・ダイニングの実現は可能か
ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
耐震・制震・免震構造とは
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [2]
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 10月3日 水曜日  |   関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.