冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)

空気と熱がダダ漏れ。スカスカ。
日本の家のほとんどがこんな家です。
そりゃあ寒くて暑いはずです。

  • 床下からの冷気が部屋に侵入
  • エアコンかけても足元冷えるうえに
    頭が熱い
  • スカスカなので暖房の効きも悪い

  • 太陽に暖められた屋根付近の
  • 60度近い熱が部屋に侵入
  • スカスカなので冷房の効きも悪い

冬、寒くて起きられないのは家が悪い!

冬の朝、布団から出られないのは、季節のせいではなく家のせいです。
(けっしてあなたの精神力が弱いのではありません)
断熱欠損なくきちんと気密・断熱されていれば朝起きたら暖房していなくても室内は十数℃~となるはずです。

「…でもなんとか過ごせてるからこのままでいいや」
ちょっと待って!!
これはあなたひとりの問題ではないのです。

<つづく>
» 断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)

前回の記事
» 夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)

 

関連記事

坪とは - 単位
ツーバイフォー(2x4) | ツーバイフォー部材アッセンブル・パネルプレカット
モルダーがけとは
森林の気温緩和効果
衛星データによる森林特性の解析
セルローズファイバーの現場吹き込み(壁)
広葉樹の光環境に対する適応性
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
テーパーとは
セルローズファイバーの床施工動画
セルローズファイバー断熱 責任施工
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
破風板とは
徳島県建築士事務所協会総会にてHCパネルのプレゼンを行いました
C値とは【隙間相当面積】
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2012年 10月1日 月曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.