「にっそうし」とは (日総試)

「にっそうし」とは、日総試、日本建築総合試験所の略です。
日本の指定構造計算適合性判定機関のひとつで、大阪府吹田市にあります。

日本建築総合試験所のホームページには以下のようにあります。

設立目的
財団法人日本建築総合試験所は、昭和39年(1964年)に設立された国土交通省・経済産業省共管の公益法人です。

建築全般に関する試験、評価、開発研究等を行うことにより、建築物の質の向上、安全性の確保を図り、国民生活の向上に貢献することを目的としています。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
赤身とは - 木材
構造用集成材
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
熱橋(ヒートブリッジ)とは
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
【気流止めとは】
つららと断熱の関係
屋根勾配(やねこうばい)とは
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
C値とは【隙間相当面積】
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
構造用合板に釘がめり込んだら…?
掛け張りとは
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2011年 10月11日 火曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.