モルダーがけとは

モルダーがけ/モルダー加工とは、木材の側面を曲線けずり・または溝けずり加工に仕上げることです。
モルダーという機械に、形状に合わせて複数の刃物をセットし加工します。

フローリングのサネ(凹凸)はモルダー加工によるものです。
大量のモルダー加工を行う場合、刃物の磨耗による加工仕上がりの差が出るため、刃物にも木を使う必要があります。

 

関連記事

白太(しらた)とは - 木材
ラミナとは
壁内気流(壁体内気流)とは
パララム(Parallel Strand Lumber)
OSBとは
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
木材の含水率について
テーパーとは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
妻壁とは
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
C値とは【隙間相当面積】
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
掛け張りとは
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2011年 6月20日 月曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.