ランバーコアとは

ランバーコアとは、小割材の端面を接着し並べ、幅広な芯板をつくり、表裏単板をはった3層構造の板材のことです。
表面は合板と同じように見えますが、小口が異なります。

芯材(コア)には針葉樹材やシナ、カツラ等の低比重で狂いの少ない材が使用されます。
ランバーコアは家具や造作材に使われます。

 

関連記事

E4Eとは - ウッドデッキ
OSBとは
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
スギ間伐材の土壌改良特性
林業~作業現場へのモノレールの活用について
林業:集材方法の概略判定について
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
つららと断熱の関係
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
耐火構造の木造住宅(ツーバイフォー工法)
耐震・制震・免震構造とは
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
ツーバイ材 材寸表(KD)
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
2010年 6月16日 水曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.