ラミナとは


ラミナ(Laminar)とは、集成材を構成する挽き板あるいは小角材のピースのことです。

元来、集成材は製材生産の過程で発生した側材や短尺材の活用を目的としていましたが、今日では小径木からとった挽き板を人工乾燥させ、集成材用のラミナとして大量生産するようになっています。

最近では唐松、ヒノキ、スギなどの国産材樹種によるラミナも増えてきています。

 

関連記事

白太(しらた)とは - 木材
壁内気流(壁体内気流)とは
パララム(Parallel Strand Lumber)
μ値(ミュー値)とは
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
間伐材の大規模搬出技術
広葉樹の光環境に対する適応性
スギ間伐材の土壌改良特性
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
快適な木の住まいとダニ対策
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
木材の含水率について
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
構造用合板に釘がめり込んだら…?
耐火構造の木造住宅(ツーバイフォー工法)
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
2010年 4月20日 火曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.