ラミナとは


ラミナ(Laminar)とは、集成材を構成する挽き板あるいは小角材のピースのことです。

元来、集成材は製材生産の過程で発生した側材や短尺材の活用を目的としていましたが、今日では小径木からとった挽き板を人工乾燥させ、集成材用のラミナとして大量生産するようになっています。

最近では唐松、ヒノキ、スギなどの国産材樹種によるラミナも増えてきています。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
E4Eとは - ウッドデッキ
坪とは - 単位
赤身とは - 木材
構造用集成材
Q値(キュー値)とは
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
林業~作業現場へのモノレールの活用について
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
つららと断熱の関係
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
省エネ住宅に向いているツーバイフォー工法
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
2010年 4月20日 火曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.