耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害

くぎ打ち間隔
くぎ打ち間隔は、耐力壁の性能に大きな影響を及ぼします。

一般的にくぎ打ち間隔が小さくなると、剛性、耐力が向上し、壁倍率も高くなる可能性があります。

耐力壁には、その性能に見合った柱脚・柱頭金物を設置する必要がありますが、自主的にくぎ間隔を変更した場合、どのように性能が変化するかがわからず、設置すべき金物もわからないという状況になります。

また、たとえばくぎ間隔が75mmの仕様を自主的に50mmとした場合、破壊性状が大きく変わる可能性があります。75mm間隔では、くぎのパンチアウトやせん断降伏が生じますが、50mm間隔の場合はそういった状況が生じる前に軸材や枠材の割裂が生じる可能性が高くなります。破壊性状が変化することは、耐力壁の性能が変化することを意味します。

くぎ間隔は、告示仕様、大臣認定仕様にかかわらず、仕様に示されている寸法として下さい。「間隔を○以下とする。」との記述は、施工誤差を安全側で抑えるための設定と考えましょう。

 

関連記事

赤身とは - 木材
ラミナとは
パララム(Parallel Strand Lumber)
Q値(キュー値)とは
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
広葉樹の光環境に対する適応性
スギ間伐材の土壌改良特性
林業~作業現場へのモノレールの活用について
スギ黒心材の耐蟻性
木材の含水率について
テーパーとは
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
ベタ基礎とは
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
掛け張りとは
3階建て住宅の実大火災実験
ヘリンボーン貼りとは
ツーバイ材 材寸表(KD)
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2013年 8月17日 土曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.