耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害

くぎ打ち間隔
くぎ打ち間隔は、耐力壁の性能に大きな影響を及ぼします。

一般的にくぎ打ち間隔が小さくなると、剛性、耐力が向上し、壁倍率も高くなる可能性があります。

耐力壁には、その性能に見合った柱脚・柱頭金物を設置する必要がありますが、自主的にくぎ間隔を変更した場合、どのように性能が変化するかがわからず、設置すべき金物もわからないという状況になります。

また、たとえばくぎ間隔が75mmの仕様を自主的に50mmとした場合、破壊性状が大きく変わる可能性があります。75mm間隔では、くぎのパンチアウトやせん断降伏が生じますが、50mm間隔の場合はそういった状況が生じる前に軸材や枠材の割裂が生じる可能性が高くなります。破壊性状が変化することは、耐力壁の性能が変化することを意味します。

くぎ間隔は、告示仕様、大臣認定仕様にかかわらず、仕様に示されている寸法として下さい。「間隔を○以下とする。」との記述は、施工誤差を安全側で抑えるための設定と考えましょう。

 

関連記事

赤身とは - 木材
モルダーがけとは
間柱(スタッド)とは
壁内気流(壁体内気流)とは
森林の気温緩和効果
パララム(Parallel Strand Lumber)
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
多様な森林施業のために | 遷移と森林
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
つららと断熱の関係
妻壁とは
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
耐震・制震・免震構造とは
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2013年 8月17日 土曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.