掛け張りとは

掛け張りとは、建築物外壁の開口部などで、面材を細切れにせずに下記のように加工・取り付けすることを言います。

掛け張り(かけばり)

掛け張りせずに、面材を細切れにして使う場合、材料は無駄なく使いやすいですが、建物の強度という意味ではおすすめできません。
ツーバイフォー工法の場合、「掛け張り」が基本です。

 

関連記事

間柱(スタッド)とは
木造トラス建築現場 [14] トラスをあおり止め金物で固定
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
熱貫流率とは
森林の気温緩和効果
構造用集成材
μ値(ミュー値)とは
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
テーパーとは
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
破風板とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
徳島県建築士事務所協会総会にてHCパネルのプレゼンを行いました
C値とは【隙間相当面積】
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
構造用合板に釘がめり込んだら…?
ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [1]
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
2012年 12月7日 金曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.