掛け張りとは

掛け張りとは、建築物外壁の開口部などで、面材を細切れにせずに下記のように加工・取り付けすることを言います。

掛け張り(かけばり)

掛け張りせずに、面材を細切れにして使う場合、材料は無駄なく使いやすいですが、建物の強度という意味ではおすすめできません。
ツーバイフォー工法の場合、「掛け張り」が基本です。

 

関連記事

ラミナとは
モルダーがけとは
CAD処理
木造トラス建築現場 [14] トラスをあおり止め金物で固定
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
構造用LVL
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
多様な森林施業のために | 遷移と森林
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
つららと断熱の関係
屋根勾配(やねこうばい)とは
妻壁とは
破風板とは
徳島県建築士事務所協会総会にてHCパネルのプレゼンを行いました
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
構造用合板に釘がめり込んだら…?
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [2]
2012年 12月7日 金曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.