掛け張りとは

掛け張りとは、建築物外壁の開口部などで、面材を細切れにせずに下記のように加工・取り付けすることを言います。

掛け張り(かけばり)

掛け張りせずに、面材を細切れにして使う場合、材料は無駄なく使いやすいですが、建物の強度という意味ではおすすめできません。
ツーバイフォー工法の場合、「掛け張り」が基本です。

 

関連記事

白太(しらた)とは - 木材
木造トラス製造
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [1] 事業概要
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [5] おわりに
OSBとは
さまざまなエンジニアードウッド
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
熱橋(ヒートブリッジ)とは
快適な木の住まいとダニ対策
打撃音による徳島杉丸太の動的ヤング係数測定(動画あり)
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
C値とは【隙間相当面積】
ツーバイフォー工法は設計の自由度が低い?
ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
2012年 12月7日 金曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.