掛け張りとは

掛け張りとは、建築物外壁の開口部などで、面材を細切れにせずに下記のように加工・取り付けすることを言います。

掛け張り(かけばり)

掛け張りせずに、面材を細切れにして使う場合、材料は無駄なく使いやすいですが、建物の強度という意味ではおすすめできません。
ツーバイフォー工法の場合、「掛け張り」が基本です。

2012年 12月7日 金曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.