木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由


木は、切ったそのままでは水分が多く、使い勝手が悪いものです。
木を乾燥させることで性能の向上するポイントをまとめてみました。

  1. 寸法安定性が向上する
    ある程度まで乾いた木は、未乾燥の木に比べて寸法変化が少なくなります。
  2. 強度の向上
    乾燥させることで、折れにくくたわみにくい材となります。
    曲げに関して、折れにくい、たわみにくいのが強い木の特長とされています。
    結果として、木の強さの指標であるヤング係数も高くなります。
  3. 耐朽性、耐蟻性の向上
    腐りにくく、シロアリにも強くなります。(※耐朽性 – 木材などの腐朽に対する抵抗性のこと。)
  4. 接着性能、塗装性能の向上
    乾いているほうが接着剤や塗料をのせやすくなります。
  5. 軽量化
    水分が抜けると軽くなり、輸送しやすくなります。

木材を乾燥させる際、指標となるのは含水率という数値です。
含水率は、木材に含まれる水の割合です。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
白太(しらた)とは - 木材
赤身とは - 木材
ラミナとは
モルダーがけとは
森林の気温緩和効果
OSBとは
μ値(ミュー値)とは
スギ足場板の簡易乾燥スケジュール
熱橋(ヒートブリッジ)とは
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
木材の含水率について
妻壁とは
ベタ基礎とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
掛け張りとは
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
耐震・制震・免震構造とは
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
2011年 9月30日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.