木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由


木は、切ったそのままでは水分が多く、使い勝手が悪いものです。
木を乾燥させることで性能の向上するポイントをまとめてみました。

  1. 寸法安定性が向上する
    ある程度まで乾いた木は、未乾燥の木に比べて寸法変化が少なくなります。
  2. 強度の向上
    乾燥させることで、折れにくくたわみにくい材となります。
    曲げに関して、折れにくい、たわみにくいのが強い木の特長とされています。
    結果として、木の強さの指標であるヤング係数も高くなります。
  3. 耐朽性、耐蟻性の向上
    腐りにくく、シロアリにも強くなります。(※耐朽性 – 木材などの腐朽に対する抵抗性のこと。)
  4. 接着性能、塗装性能の向上
    乾いているほうが接着剤や塗料をのせやすくなります。
  5. 軽量化
    水分が抜けると軽くなり、輸送しやすくなります。

木材を乾燥させる際、指標となるのは含水率という数値です。
含水率は、木材に含まれる水の割合です。

 

関連記事

赤身とは - 木材
ラフ(木材)とは
壁内気流(壁体内気流)とは
OSBとは
構造用LVL
衛星データによる森林特性の解析
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
間伐材の大規模搬出技術
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
プロセニアムとは
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
つららと断熱の関係
妻壁とは
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
掛け張りとは
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
ヘリンボーン貼りとは
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2011年 9月30日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.