林業:集材方法の概略判定について

はじめに

 長期にわたる林業作業の中で、最後で且つ最大の経費を必要とする作業種は集材であります。

 ところが、集材しようとする山林にどのような方法が適しているか?大概の関係者は判定に苦慮しているところと思います。そこでどういう方法が適しているかごく大雑把ではありますが判断の参考用としてスコア表によって探し出す事が考案されています。

 このスコア表は国の森林総研が県及び関係者の協力を得て今までに実際に架設された代表的な集材方法を調査(118ヶ所)し、これらのデータを統計的に分析したものであります。この分析によりそれぞれの集材方法に一定の傾向が見られました。この傾向がこれから集材をしようとする山林に即適しているとは断言できませんが極めて重要な事項を示唆していると思われます。

 それでは順次、図表等の説明をしてみましょう。

1 スコア表の見方(表-1)

 表の左側に要因とカテゴリーの欄があります。これは地形条件・集材条件等を中心にカテゴリーでさらに細分化して、それぞれに点数(スコア)を付与したものであります。

 例えば集材方法を判断しようとする山林の傾斜が「16度」、地形の複雑さ「単純」、下層植生「ササ」、であったとしますとカテゴリースコア欄からそれぞれ40、-6、6、のスコアが得られます。このようにして集材条件もその他の条件もスコアを出し、それを合計します。
 

2 集材方法の選択図の見方(図-1)

 上の1でスコアの合計が出たならばステップ1の段階を照査します。すなわち下図のようにグループ1に属するかグループ2に属するのかを判定するのですが、この判別が基準スコアより大きければYesの方向(左方)に進み、小さければNoの方向(右方)に進みます。ステップ1の基準スコアは-15で、fo=-15で現します。これでグループ1または2に属していることが判明したならば、さらにそれぞれの細分化の判別をスコアによって同じ要領で進めます。但しグループ1の細分化基準スコアはfo1=25であり、グループ2の細分化基準スコアはfo2=5であります。

3 集材方法判別事例の見方(表-2)

 それでは具体的な事例で説明してみましょう。

 下表の現況欄に地形条件等が書き出してあります。これに対応するスコアを表-1のa欄で取り出します。その結果を下表(表-2)のa欄に記載してありますが合計が168点ですから、これは基準点-15より大きいですからYesの方向に進みます。これでグループ1に属していることが判明しました。

 次にグループ1を細分化するため表-1のb欄のスコアを取り出し、その結果が表-2のb欄であり306点になりました。これはグループ1の細分化基準点25点より大きいのでYesの方向に進み、求める集材方法は林内作業車となりました。

表1.集材方法判別分析スコア表
※レンジとは大値-小値で差の大きいほど特徴がある。
 ○内のa、b、cは図1を参照のこと
図1.集材方法の選択
表2.集材方法判別事例(A現場)

 いかがですか?これは過去に実施したものを統計処理したものですので、この架設者達(集材者達)がベテランの優秀な技術者であればあるほど信頼度が高くなります。

 いずれにしても、益々データを収集して統計価値を高めて行かなければなりません。今後ともよろしくお願い申し上げます。

徳島県立農林水産総合技術センター 森林林業研究所 技術情報カード No.40(2002年8月)より
※徳島県立農林水産総合技術センター 森林林業研究所の了解を得て掲載しています。

 

関連記事

赤身とは - 木材
間柱(スタッド)とは
壁内気流(壁体内気流)とは
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [1] 事業概要
μ値(ミュー値)とは
衛星データによる森林特性の解析
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
熱橋(ヒートブリッジ)とは
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
木材の含水率について
プロセニアムとは
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
耐震・制震・免震構造とは
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [2]
ツーバイ材 材寸表(KD)
2011年 11月1日 火曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.