セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか


Cellulose insulationで動画検索すると海外のセルローズファイバーの施工動画がたくさん出てきます。

これらの動画では、ブロアーで吹きこんだセルローズファイバーがペタペタ壁面にくっついていきます。これなら壁面のセルローズファイバー沈下による断熱欠損もなさそうですが、日本ではできないのでしょうか。

上記動画のように、接着剤(バインダー)を混ぜながら吹き込む工法には2つの条件があります。

1、2x4工法のようにシンプルな躯体であること
2、十分な工期が確保できること(接着剤の養生に1ヶ月)

日本の在来工法の筋交い裏などは、湿式では吹き込みにくく断熱欠損の原因となります。
そしてほとんどの現場が工期にゆとりがなく、断熱材の養生に1ヶ月も確保できません。
以上の理由から、日本ではセルローズファイバーは乾式吹き込み施工が一般的となっています。

 

関連記事

E4Eとは - ウッドデッキ
赤身とは - 木材
ラフ(木材)とは
壁内気流(壁体内気流)とは
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
構造用集成材
OSBとは
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
快適な木の住まいとダニ対策
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
テーパーとは
プロセニアムとは
セルローズファイバーの床施工動画
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
構造用合板に釘がめり込んだら…?
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
3階建て住宅の実大火災実験
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
2011年 11月9日 水曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.