ベタ基礎とは

ベタ基礎とは、建築物の基礎の種類のひとつで、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎のことです。

ベタ基礎は、家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。
布基礎と比べて基礎底面の面積が大きいので、荷重を分散させ地盤やスラブに伝えることができ、不同沈下に対する耐久性や耐震性が増します※。布基礎よりコンクリート量が増えるためコストアップとなりますが、施工がラクであり、現在はほとんどの基礎がベタ基礎となっています。
※ベタ基礎でも、敷地全体の地耐力が不均一な場合は不同沈下が起こりえます。

ベタ基礎のコストを抑えるために、立上り基礎で囲まれた区画をできるだけ小さくすることが良いとされます。(面積が大きくなるほど底板の厚みを増す必要があり、コンクリート量が増えるため)

 

関連記事

坪とは - 単位
森林の気温緩和効果
構造用集成材
構造用LVL
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
スギ間伐材の土壌改良特性
多様な森林施業のために | 遷移と森林
林業~作業現場へのモノレールの活用について
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
プロセニアムとは
破風板とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
ツーバイ材 材寸表(KD)
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2011年 12月13日 火曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.