小屋裏とは

小屋裏とは屋根と天井の間(野地板と天井板の間)の空間のことで、一般的に言われる「屋根裏」のことです。

小屋裏には熱気や湿気がたまりやすいため、必ず換気口を確保しておく必要があります。

小屋裏の換気が十分でない場合、熱気や湿気によって木質構造部材の腐蝕が起こるなど、耐久性に影響を及ぼします。また屋根断熱が不十分な場合は、夏は小屋裏や下にあたる空間の室温が上昇し、冷房効率の低下の原因になります。
(これは天井断熱を行っていても起こりえることです。)
そのため小屋裏の換気は木造住宅においては大変重要な要素となっています。

小屋裏の換気には、基本的には機械は用いず、空気の温度差や気圧差によって行う自然換気が主流です。

 

関連記事

ツーバイフォー(2x4) | ツーバイフォー部材アッセンブル・パネルプレカット
Q値(キュー値)とは
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
熱橋(ヒートブリッジ)とは
スギ間伐材の土壌改良特性
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
林業~作業現場へのモノレールの活用について
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
テーパーとは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
ベタ基礎とは
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
掛け張りとは
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
ツーバイ材 材寸表(KD)
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2011年 11月15日 火曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.