小屋裏とは

小屋裏とは屋根と天井の間(野地板と天井板の間)の空間のことで、一般的に言われる「屋根裏」のことです。

小屋裏には熱気や湿気がたまりやすいため、必ず換気口を確保しておく必要があります。

小屋裏の換気が十分でない場合、熱気や湿気によって木質構造部材の腐蝕が起こるなど、耐久性に影響を及ぼします。また屋根断熱が不十分な場合は、夏は小屋裏や下にあたる空間の室温が上昇し、冷房効率の低下の原因になります。
(これは天井断熱を行っていても起こりえることです。)
そのため小屋裏の換気は木造住宅においては大変重要な要素となっています。

小屋裏の換気には、基本的には機械は用いず、空気の温度差や気圧差によって行う自然換気が主流です。

 

関連記事

壁内気流(壁体内気流)とは
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
熱貫流率とは
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
間伐材の大規模搬出技術
木材の含水率について
プロセニアムとは
セルローズファイバーの床施工動画
セルローズファイバー断熱 責任施工
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
つららと断熱の関係
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
構造用合板に釘がめり込んだら…?
ツーバイフォー工法は設計の自由度が低い?
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
日本製紙木材(株) スーパージェットファイバーの許認可一覧
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2011年 11月15日 火曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.