台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】

ツーバイフォー住宅の屋根(軒下)は強風に対して、構造的に優れた強度を備えています。台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されています。

構造的に風に強いツーバイフォーの屋根

ツーバイフォー工法においては、屋根全体が一面の構造体となっており、軒下から強い吹き上げ風があっても、屋根が持ち上げられにくい強固な構造です。

ハリケーンにも耐えるあおり止め金物

台風より強烈なハリケーンにも屋根が飛ばされないように、ツーバイフォー住宅では「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金物が使われます。
この金物の1個当たりの許容耐力は、じつに2,303N(風速70mの時に金物1個当たりにかかる力は1,666N)もあります。ハリケーンタイは屋根のたる木と構造壁をがっちりと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。

最近では、ツーバイフォー住宅だけでなく、軸組工法住宅にもこのあおり止め金物が使われるようになってきました。また、あおり止め金物は多雪地の軒先の雪庇対策としても有効です。

 

関連記事

十勝毎日新聞に2x4住宅の視察研究会/セミナーの様子が掲載されました
モルダーがけとは
壁内気流(壁体内気流)とは
木造トラス建築現場 [14] トラスをあおり止め金物で固定
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [1] 事業概要
パララム(Parallel Strand Lumber)
構造用LVL
さまざまなエンジニアードウッド
衛星データによる森林特性の解析
間伐材の大規模搬出技術
熱橋(ヒートブリッジ)とは
快適な木の住まいとダニ対策
林業:集材方法の概略判定について
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
耐震・制震・免震構造とは
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 10月12日 金曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.