台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】

ツーバイフォー住宅の屋根(軒下)は強風に対して、構造的に優れた強度を備えています。台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されています。

構造的に風に強いツーバイフォーの屋根

ツーバイフォー工法においては、屋根全体が一面の構造体となっており、軒下から強い吹き上げ風があっても、屋根が持ち上げられにくい強固な構造です。

ハリケーンにも耐えるあおり止め金物

台風より強烈なハリケーンにも屋根が飛ばされないように、ツーバイフォー住宅では「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金物が使われます。
この金物の1個当たりの許容耐力は、じつに2,303N(風速70mの時に金物1個当たりにかかる力は1,666N)もあります。ハリケーンタイは屋根のたる木と構造壁をがっちりと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。

最近では、ツーバイフォー住宅だけでなく、軸組工法住宅にもこのあおり止め金物が使われるようになってきました。また、あおり止め金物は多雪地の軒先の雪庇対策としても有効です。

 

関連記事

間柱(スタッド)とは
CAD処理
ツーバイフォー工法の帯金物写真
パララム(Parallel Strand Lumber)
OSBとは
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
林業~作業現場へのモノレールの活用について
スギ黒心材の耐蟻性
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
テーパーとは
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
屋根勾配(やねこうばい)とは
妻壁とは
ベタ基礎とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [2]
2012年 10月12日 金曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.