台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】

ツーバイフォー住宅の屋根(軒下)は強風に対して、構造的に優れた強度を備えています。台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されています。

構造的に風に強いツーバイフォーの屋根

ツーバイフォー工法においては、屋根全体が一面の構造体となっており、軒下から強い吹き上げ風があっても、屋根が持ち上げられにくい強固な構造です。

ハリケーンにも耐えるあおり止め金物

台風より強烈なハリケーンにも屋根が飛ばされないように、ツーバイフォー住宅では「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金物が使われます。
この金物の1個当たりの許容耐力は、じつに2,303N(風速70mの時に金物1個当たりにかかる力は1,666N)もあります。ハリケーンタイは屋根のたる木と構造壁をがっちりと連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。

最近では、ツーバイフォー住宅だけでなく、軸組工法住宅にもこのあおり止め金物が使われるようになってきました。また、あおり止め金物は多雪地の軒先の雪庇対策としても有効です。

 

関連記事

坪とは - 単位
ラフ(木材)とは
ラミナとは
木造トラス製造
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [1] 事業概要
さまざまなエンジニアードウッド
Q値(キュー値)とは
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
熱橋(ヒートブリッジ)とは
広葉樹の光環境に対する適応性
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
多様な森林施業のために | 遷移と森林
プロセニアムとは
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
つららと断熱の関係
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [3]
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2012年 10月12日 金曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.