2020年の省エネ義務化へのロードマップ

2020年には、日本のすべての新築住宅で省エネ基準が義務化されます。
その2020年に向けたロードマップの骨子が判明しました。

「低炭素社会に向けた住まいと住まい方の推進に関する工程評(案)」
低炭素社会に向けた住まいと住まい方の推進に関する工程評(案)

省エネ基準義務化の時期などが、建築物の規模別に段階的に盛り込まれており、新築住宅の含まれる300平方メートル未満の適合義務化は2020年となっています。

具体的な基準については、現行省エネ基準の見直しなど、これから検討が本格化します。
現行制度が評価している外壁などの断熱性能に加えて、照明や空調、太陽光発電なども評価基準に加えられる予定だそうです。

2012年4月時点で日本で最高の基準である次世代省エネ基準は、欧米だけでなく、アジアに比べても低い基準ですので、当然ながら厳しく改定されると予想されます。(次世代省エネ基準をクリアしている新築住宅は40%程度と言われている。)

中小工務店向けには、施工技術習得に向けて支援策(講習会開催など)が講じられるとのことです。

高性能な住宅のベースは設備ではなく、外皮です。
高性能な外皮は、断熱・気密施工を正しく行うことで実現できますが、北海道のようなマイナス20℃のエリアでさえ、職人の教育に10年かかったと言われます。

2020年まで10年を切っています。
真剣に断熱・気密について考えるときは、今です。

» 住宅・建築物の省エネ基準適合義務化に向けた工程表(案)[PDF]
» 確実に高性能住宅を実現するHCパネル | 木造軸組構造用断熱材一体型耐力壁パネル

 

関連記事

坪とは - 単位
赤身とは - 木材
ラフ(木材)とは
モルダーがけとは
壁内気流(壁体内気流)とは
熱貫流率とは
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
森林の気温緩和効果
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
熱橋(ヒートブリッジ)とは
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
林業~作業現場へのモノレールの活用について
セルローズファイバーの床施工動画
つららと断熱の関係
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
大利木材の私有林でCO2吸収に貢献しています
省エネ住宅に向いているツーバイフォー工法
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 4月25日 水曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.