坪とは – 単位


建築や不動産では面積を「坪(つぼ)」という単位で表すことがあります。
1坪は約3.3㎡です。【3.305785 ㎡】
坪は尺貫法による面積の単位です。

建築において、坪は一辺が6尺≒1818mm≒1間の正方形の面積と定義されます。
(1尺≒303mmなので、6尺≒1818mm)

坪と畳の関係?

1坪を畳に直すと約2畳。(京間などでは変わるのであくまで目安です)。
10坪だと約20畳です。

何坪、と書かれても素人にはわかりづらいですが、
何畳、であればイメージしやすいですよね。

30坪だったら、60畳、6畳の部屋が10個分とイメージすれば良いわけです。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
壁内気流(壁体内気流)とは
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
森林の気温緩和効果
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
広葉樹の光環境に対する適応性
木材の浸透性改良法(超音波振動を用いた注入についての試験)
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
プロセニアムとは
C値とは【隙間相当面積】
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
構造用合板に釘がめり込んだら…?
ツーバイフォー工法は設計の自由度が低い?
耐火構造の木造住宅(ツーバイフォー工法)
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
2009年 10月23日 金曜日  |  
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.