ペットがいる場合のフローリングの選び方


ペットを室内で飼う場合のフローリングの選び方です。

1)汚れ・キズのつきにくさを重視する場合:
ラミネートフローリング イノヴァーフロアがおすすめです。
もともとヨーロッパなどでの土足の生活を前提としたフローリングであり、ヒールマークもつかないほどです。表面はメラミン樹脂を酸化アルミニウム(ものすごく硬い)でコーティングしています。

2)ペットの歩行時の滑りにくさを重視する場合:
フローリングの場合、基本的には滑りやすいものとお考え下さい。
レッドパインなど、柔らかい針葉樹無垢フローリングを無塗装などで使う場合は、表面がやわらかくペットも滑りにくいと言えますが、滑りにくさに重点を置く場合、無垢ではないペット対応の滑りにくいフローリングや、滑りにくいワックスなどで対応するのが良いかと思われます。

***

無垢フローリングに限定した場合、塗装の選び方もポイントです。
ペットの排泄物が気になるのであれば、自然オイル塗装よりはウレタン塗装のほうが撥水性が高く、メンテナンス性には優れています。
ただ、自然オイル塗装でも多少のシミであればかたく絞った雑巾でも落とせますし、キズはのちのち表面をサンディング(削る)+再塗装することできれいにすることが出来るので、風合い重視で手間をかけるなら自然オイル、手間をかけたくないならウレタン塗装が良いでしょう。

関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.