木の住環境の快適性 – ハツカネズミによる実験

木製・金属製・コンクリート製の住環境をの快適性を比較したらどうなるでしょう。
木製が落ち着きそうなイメージがありますが、静岡大学農学部がそれを科学的に証明しています。

***

ハツカネズミの母子を、「木製」「金属製」「コンクリート製」の3種類の飼育箱に入れて、生存率・成長率などを比較しました。

結果、生後23日目における子ネズミの生存率は、木製85%、金属製41%、コンクリート製7%でした。これは、木製の場合に母ネズミが授乳を継続していたのに対し、金属製・コンクリート製は授乳をやめてしまったからのようです。

授乳に差が出たのは、木製は金属・コンクリート製に比べて暖かかったからのようです。暖かさ以外にも、調湿性、触感など、総合的な面でストレスを感じにくかったのではと考えられます。

毎日3分の1以上(主婦や乳幼児はもっと)をすごす家なので、できれば木の家に住みたい、と思わせられる結果ですね。

Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.