クロノテックスの表面加工 | 地球で4番目に硬い酸化アルミニウム

ラミネートフローリングKronotexの表面には、透明なコーティング膜が施されており、地球上で4番目に硬いアルミ酸化物の粒子が1㎡あたり数百万含まれています。

その皮膜により、耐磨耗、耐傷、耐擦り切れ、耐薬品、耐熱、耐変色、耐水等、従来の床材に考えられる諸問題を解決しました。

酸化アルミニウム:概要

白色の粉末で、化学式 Al2O3 で表され、式量 102.0、融点は 2,020 ℃、沸点は約 3,000 ℃。

天然には結晶が鋼玉(三方晶系)として産出するほか、水和物がボーキサイトの主成分として存在する。酸化アルミニウムにおけるアルミニウムと酸素との結び付きは強く、ここからアルミニウムの単体を取り出すことは難しいが、アメリカのホール (Charles Martin Hall) とフランスのエルー (Paul Louis Toussaint Héroult) らはそれぞれ、共に電気分解を用いてこれに成功した(ホール・エルー法)。

カラムクロマトグラフィーにおいて、シリカが酸性のために充填材として用いることができないときに用いられることがある。ボーキサイトからアルミナを製造するには、カール・ヨーゼフ・バイヤー(Karl Josef Bayer)が開発したバイヤー法が用いられている。

酸化アルミニウム:利用

融解塩電気分解でアルミニウムの材料とするほか、セラミックス材料の1つでもある。また、研削材等の高強度、高靱性、耐熱衝撃性を求められる分野や、自動車排ガス浄化触媒等の触媒の担体、歯科治療(インレー、クラウンなどの修復物・補綴物)などに広く利用される。βアルミナはナトリウム・硫黄電池の電解質に用いられる。

高純度の結晶鉱石は宝石として珍重される(スピネル、サファイア、ルビー)。

wikipedia – 酸化アルミニウムより

関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.