ヘリンボーン貼りとは


フローリングでヘリンボーンとは、矢羽貼りを指します。
herringbone=ニシンの骨に由来する、魚の骨を図案化した模様・柄を指す言葉です。

この模様にするには、ヘリンボーン用として左右対称の2種類のサネを持っているフローリングを使うか、雇いザネ(あとづけのサネ)にするなど特注でフローリングを作るのが通常です。

模様としては面白いのですが、見た目以上に手間がかかるので注意しましょう。

  • ヘリンボーンは日本では杉模様に見立てて杉綾と呼ぶこともある模様です。
  • スキーの先を開いて登る方法もヘリンボーンと言ったりします。
  • 下のような貼り方はたまに見かけますが、厳密にはヘリンボーン貼りと呼べるのでしょうか。
 

関連記事

あらゆる床暖房システムで使えますか?
塗装とワックスはどう違うのですか?
フローリングで「OPC」とはなんですか?
ラミネートフローリングのHDFとはなんですか?
クロノテックスの表面加工 | 地球で4番目に硬い酸化アルミニウム
ラフ(木材)とは
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
構造用LVL
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
広葉樹の光環境に対する適応性
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
木材の含水率について
プロセニアムとは
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
省エネ住宅に向いているツーバイフォー工法
掛け張りとは
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 9月24日 月曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.