ヘリンボーン貼りとは


フローリングでヘリンボーンとは、矢羽貼りを指します。
herringbone=ニシンの骨に由来する、魚の骨を図案化した模様・柄を指す言葉です。

この模様にするには、ヘリンボーン用として左右対称の2種類のサネを持っているフローリングを使うか、雇いザネ(あとづけのサネ)にするなど特注でフローリングを作るのが通常です。

模様としては面白いのですが、見た目以上に手間がかかるので注意しましょう。

  • ヘリンボーンは日本では杉模様に見立てて杉綾と呼ぶこともある模様です。
  • スキーの先を開いて登る方法もヘリンボーンと言ったりします。
  • 下のような貼り方はたまに見かけますが、厳密にはヘリンボーン貼りと呼べるのでしょうか。
 

関連記事

フローリングで「OPC」とはなんですか?
ラミネートフローリングの見切り材
クロノテックスでリフォーム施工しました-神戸
S4Sとは - ウッドデッキ
坪とは - 単位
ツヤ消し塗装とは - プライムフロアー
無垢フローリングの上にカーペットを敷く場合の注意
ラミナとは
パララム(Parallel Strand Lumber)
Q値(キュー値)とは
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
てきはん/適判~構造計算適合性判定制度とは
木材の含水率について
つららと断熱の関係
妻壁とは
HCパネル上棟の流れ | 写真レポート (兵庫県)
HCパネルの厚みを薄くする件について
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
耐火構造の木造住宅(ツーバイフォー工法)
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
2012年 9月24日 月曜日  |   関連タグ:
0
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.