ヘリンボーン貼りとは


フローリングでヘリンボーンとは、矢羽貼りを指します。
herringbone=ニシンの骨に由来する、魚の骨を図案化した模様・柄を指す言葉です。

この模様にするには、ヘリンボーン用として左右対称の2種類のサネを持っているフローリングを使うか、雇いザネ(あとづけのサネ)にするなど特注でフローリングを作るのが通常です。

模様としては面白いのですが、見た目以上に手間がかかるので注意しましょう。

  • ヘリンボーンは日本では杉模様に見立てて杉綾と呼ぶこともある模様です。
  • スキーの先を開いて登る方法もヘリンボーンと言ったりします。
  • 下のような貼り方はたまに見かけますが、厳密にはヘリンボーン貼りと呼べるのでしょうか。
 

関連記事

床暖房用がいろいろあるけれど、どのフローリングがおすすめですか?
フローリングの施工マニュアルはありますか?
フローリングに合う玄関框はありますか?
ラミネートフローリング用の巾木はありますか?
壁内気流(壁体内気流)とは
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
林業~作業現場へのモノレールの活用について
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
木材の含水率について
テーパーとは
【気流止めとは】
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
リボス塗装とは
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
2012年 9月24日 月曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.