ヘリンボーン貼りとは


フローリングでヘリンボーンとは、矢羽貼りを指します。
herringbone=ニシンの骨に由来する、魚の骨を図案化した模様・柄を指す言葉です。

この模様にするには、ヘリンボーン用として左右対称の2種類のサネを持っているフローリングを使うか、雇いザネ(あとづけのサネ)にするなど特注でフローリングを作るのが通常です。

模様としては面白いのですが、見た目以上に手間がかかるので注意しましょう。

  • ヘリンボーンは日本では杉模様に見立てて杉綾と呼ぶこともある模様です。
  • スキーの先を開いて登る方法もヘリンボーンと言ったりします。
  • 下のような貼り方はたまに見かけますが、厳密にはヘリンボーン貼りと呼べるのでしょうか。
 

関連記事

納期はどれくらい必要ですか?
無垢フローリングのお手入れ・メンテナンス方法
無垢フローリングでUNIとはなんですか?
ラミネートフローリングの見切り材
S4Sとは - ウッドデッキ
ラフ(木材)とは
モルダーがけとは
壁内気流(壁体内気流)とは
OSBとは
間伐材の大規模搬出技術
スギ間伐材の土壌改良特性
スギ黒心材の耐蟻性
スラブへ複合フローリングを直張り工事
つららと断熱の関係
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
無垢フローリングの美装方法
2012年 9月24日 月曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.