木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】

木は火に弱い、とお考えではありませんか?

確かに木材は燃えやすい性質をもっています。しかし、木は酸素の供給がなければ燃えることができません。ある程度の太さや厚さがある(つまり断面が大きい)木材は、いったん燃えても表面に炭化層をつくるだけ。この黒い炭化層は熱を伝えにくく、炭化層によって燃え方が遅くなることによって、火の内部への進行が妨げられ、強度が低下しにくいという性質をもっています。

700~950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは事実として確認されています。

これに対して、鉄やアルミは燃えませんが熱に対して弱点を持っています。同一条件に設定した木、鉄、アルミの建材に熱を加えていくと、アルミは400℃になると強度が80%ダウン、鉄は550℃を超えると50%ダウン。木は550℃で5%ダウン、700℃になっても23%しか強度が落ちません。

燃えるとか燃えないとかいうよりも、建築材料として素材を選ぶときに、その素材と熱の関係を無視することはできません。我々は薪ストーブで薪を燃やしたり、キャンプファイヤーで炎を楽しんだりしているので、木が燃えることはよく知っています。しかし、熱という観点からみると、木は意外と強い素材なのです。

この性質と火災のメカニズムを科学的に考察することで火災に強い建物にすることが可能になります。

 

関連記事

S4Sとは - ウッドデッキ
白太(しらた)とは - 木材
赤身とは - 木材
ラミナとは
ツーバイフォー工法の帯金物写真
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [1] 事業概要
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [3] 2x4部材強度試験
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [5] おわりに
快適な木の住まいとダニ対策
木材の含水率について
セルローズファイバー断熱 責任施工
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
破風板とは
夏暑い瀬戸内エリア向け高性能住宅モデルハウスを見学しました(プランサーバー、福山市)
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
グラスウール、セルローズファイバー、吹付硬質ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレンフォーム 燃焼比較【動画】
木造軸組工法で、入隅の両方の面にOSBを使って大臣認定仕様の耐力壁を設ける場合の納まり
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 8月2日 木曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.