木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】

木は火に弱い、とお考えではありませんか?

確かに木材は燃えやすい性質をもっています。しかし、木は酸素の供給がなければ燃えることができません。ある程度の太さや厚さがある(つまり断面が大きい)木材は、いったん燃えても表面に炭化層をつくるだけ。この黒い炭化層は熱を伝えにくく、炭化層によって燃え方が遅くなることによって、火の内部への進行が妨げられ、強度が低下しにくいという性質をもっています。

700~950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは事実として確認されています。

これに対して、鉄やアルミは燃えませんが熱に対して弱点を持っています。同一条件に設定した木、鉄、アルミの建材に熱を加えていくと、アルミは400℃になると強度が80%ダウン、鉄は550℃を超えると50%ダウン。木は550℃で5%ダウン、700℃になっても23%しか強度が落ちません。

燃えるとか燃えないとかいうよりも、建築材料として素材を選ぶときに、その素材と熱の関係を無視することはできません。我々は薪ストーブで薪を燃やしたり、キャンプファイヤーで炎を楽しんだりしているので、木が燃えることはよく知っています。しかし、熱という観点からみると、木は意外と強い素材なのです。

この性質と火災のメカニズムを科学的に考察することで火災に強い建物にすることが可能になります。

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
E4Eとは - ウッドデッキ
赤身とは - 木材
木造トラス製造
構造用LVL
熱橋(ヒートブリッジ)とは
スギ黒心材の耐蟻性
セルローズファイバーの現場吹き込み(天井)
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
セルローズファイバー断熱 責任施工
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
妻壁とは
C値とは【隙間相当面積】
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
構造用合板に釘がめり込んだら…?
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
ヘリンボーン貼りとは
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [2]
ツーバイ材 材寸表(KD)
2012年 8月2日 木曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.