TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト

TJI(トラスジョイストアイビーム、I型ジョイスト)とは、OSBとLVLの複合による構造部材です。
断面は「I」文字に見えるためI Beamと呼ばれます。

TJIはOSBの補強板(ウェブ)の両端に角材(フランジ)を組み合わせたラーメン構造となっており、角材にはLVL(単板積層材)が使用されます。I型複合梁とも呼びます。

無垢の2x10・2x12材といった大きな部材は材料の確保が難しいこともありますが、TJIのように複合部材化することで、同じ寸法の無垢材よりも高い強度と精度が生まれ、製造側も安定して供給できます。

高性能でロングスパンを飛ばせるため、TJIを使えば自由度の高い床組住宅を設計できます。


TJIは、LVL部分の幅が広くなると、さらに強度が増します。
より長いスパン、少ない本数での設計が可能となります。
(OSBの厚みはそのままでよい)

さらにTJIは、理屈上は製造できる長さに制限はありません。
これは製造ラインでカットしなければ延々長いものが作られる仕組みのためです。
※輸入材のため、日本で使う場合はコンテナ長さの12mまでとなる計算です。

またTJIはウェブ部分(OSB)に配線・配管のための穴を開けても強度が変わらないという長所もあります。

TJIの施工例

» 介護老人保健施設でのTJI使用例

※TJI・トラスジョイストはウェアーハウザー社(アメリカ)の商品です。
» 日本のトラスジョイスト販売代理店一覧

***

TJIに似たスーパージョイストは、両端が無垢材であり、無垢材部分が3分の1以上を占めるため、TJIほどの強度はありません。【写真下】
 それでも強度・精度・寸法安定性・施工性などで優れた特徴を持っています。

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
十勝毎日新聞に2x4住宅の視察研究会/セミナーの様子が掲載されました
CAD処理
木造トラス建築現場 [3]
木造トラス建築現場 [25] | カラオケボックス
木造トラス建築現場 [13]
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [2] 試験体製造過程
パララム(Parallel Strand Lumber)
μ値(ミュー値)とは
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
広葉樹の光環境に対する適応性
快適な木の住まいとダニ対策
林業~作業現場へのモノレールの活用について
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
構造用合板に釘がめり込んだら…?
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
2010年 1月30日 土曜日  |   関連タグ: , , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.