杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]

大利木材では、杉の年輪幅と強度の関係についてのJAS規格改定を目指して、、徳島県と共同で試験を行なっています。
(これまでの記事 » [1][2]

2012年11月29日・30日、徳島県の森林林業研究所で、2x4~2x12寸法に加工した徳島杉の年輪を測定しました。
杉材を甲種枠組材2級以上(横使い)として商品化するためには、材の平均年輪幅は6mm以下でなくてはなりません。
はたして実際に6mm超える材の割合はどの程度なのでしょう。

材寸 平均年輪幅が6mmを超える率(規格外となる部材)
2x4材 24.0%
2x6材 31.1%
2x8材 44.2%
2x10材 52.3%
2x12材 37.1%

幅広になるほど年輪幅が広くなる傾向にあります。
2x12材は辺材に年輪幅の狭い箇所があるためやや少ない数字ですが、芯の部分の年輪幅は広い傾向です。

上記の数字からすると、2x10材は過半数が規格外となります。
構造材は本来、強度があれば良いのですが、果たして平均年輪幅は強度の判別についてどこまで信用できるものでしょうか。
今後、実際に破壊試験を行い、強度テストを行なっていきます。

1本ずつ行なう強度の試験には大変時間がかかりますので、結果はまたご報告します。
(平成24年12月18日)

 

関連記事

白太(しらた)とは - 木材
徳島杉 無垢フローリング | 新築住宅 [8]
徳島杉 無垢フローリング | 新築住宅 [4]
徳島杉(赤身)デッキ材 | 戸建賃貸住宅 [3]
木造トラス製造
ツーバイフォー工法の帯金物写真
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [5] おわりに
国産材2x4への取り組み
徳島県より森林CO2吸収量証明書を頂きました
μ値(ミュー値)とは
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
間伐材の大規模搬出技術
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
林業:集材方法の概略判定について
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
耐震・制震・免震構造とは
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
木造トラス建築現場 | 老人健康保険施設 [1]
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
日本製紙木材(株) スーパージェットファイバーの許認可一覧
関連タグ: , , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.