地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [4] 2×4部材としての合板代替品の強度試験

» 『平成21年度林野庁補助事業 2X4住宅部材の開発事業「地域材(徳島杉)を利用したツーバイフォー部材開発」「地域材(徳島杉)を利用したツーバイフォー部材としての合板代替品の開発」
事業成果報告書 ~ 全国木材協同組合連合会/大利木材株式会社(2011-2-28)』 より

ツーバイフォー部材としての合板代替品の強度試験

4.1 供試材料

杉構造用横剥ぎ板
用いた杉構造用横剥ぎ板の仕様は次の通りである。

①素材 杉JAS枠組壁工法甲種2級
乾燥材 (AD+KD 平均含水率 13.2%)
ラミナ寸法 30X130本実加工
②接着剤 水性高分子-イソシアネート系
木材接着剤 KR-7800FR (光洋産業株式会社製)
③製品寸法 910mm X 1820mm 厚み30mm 本実付き

杉構造用横剥ぎ板 本実加工

4.2 床試験体

試験体は同じものを3体製作した。
梁は米松の105X180を使用し、プレカット機で仕口加工した。
それぞれの縦方向の梁は、羽子板ボルトを付け、一度きつく締めてその後緩め、最後は手でまわして軽く締めた。
面材は本実を入れ、固定にはCN-75釘を使用し、外周部150ピッチ、中間部200ピッチで釘打ちした。


【試験体仕様】


【試験体写真】

4.3 試験方法

面内せん断試験は、タイロッドありとし、繰り返し数は3とした。

試験体を縦にし、下部を面内せん断試験装置の台に4箇所ボルト固定し、上部片側の梁にジャッキ装置を取付け、左右交互に力をかける。揺幅を徐々に大きくし、かかる力とパネルの変位をデータ取りした。

【試験前】

【試験後】

4.4 試験結果



杉横剥ぎ板床組・面内せん断試験 床倍率計算結果(サネあり) 30mm 3X6 【単位 : kN】

1 2 3 平均値 ばらつき係数 平均値×
ばらつき係数
①Py (kN) 10.86 10.68 11.54 11.03 0.981 10.81
②Pu×(0.2/Ds) (kN) 12.41 12.33 13.44 12.73 0.977 12.44
③Pmax×2/3 (kN) 14 14.15 14.28 14.14 0.995 14.08
④1/150rad時の荷重 (kN) 11.09 11 12.12 11.4 0.974 11.11
短期基準せん断耐力 (kN) ①~④の(平均値×ばらつき係数)の最小値 10.81
床倍率 短期基準せん断力×(1/1.96)×(1/1.82) 3.03

4.5 試験の成果と商品化に向けての課題

試験の結果、床倍率3.0を得た事や、大変形1/15radでも、荷重の低下は認められなかった事で、強度は十分にあることがわかった。
見た目も美しく、化粧用としても併用できるレベルであると思われる。
ただ、合板の代替品としては、製造コストに問題があるところが課題である。

» [5] おわりに« [3] ツーバイフォー部材強度試験

 

関連記事

徳島杉フローリング 節有・無塗装
徳島杉 無垢フローリング | 新築住宅 [1]
徳島杉 無垢フローリング | 新築住宅 [8]
徳島杉 無垢フローリング | 新築住宅 [4]
徳島杉 無垢フローリング | ショールーム [1]
徳島杉 無垢羽目板 | ショールーム(トイレ) - 徳島県
木造トラス建築現場 [3]
木造トラス建築現場 [15] | カラオケボックス
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
熱貫流率とは
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [2] 試験体製造過程
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
セルローズファイバーの現場吹き込み(壁)
セルローズファイバーの現場吹き込み(天井)
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
セルローズファイバーの床施工動画
セルローズファイバー断熱 責任施工
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.