構造用集成材

木材は天然の材料であるため、どうしてもバラツキがあります。強度区分を行い組み合わせることによって、 より強い木材、すなわち集成材にして、均一の強度の高い木材が出来ます。

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
S4Sとは - ウッドデッキ
ラフ(木材)とは
木造トラス建築現場 [22]
木造トラス建築現場 [3]
木造トラス建築現場 [14] トラスをあおり止め金物で固定
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [4] 2x4部材としての合板代替品の強度試験
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
μ値(ミュー値)とは
熱橋(ヒートブリッジ)とは
快適な木の住まいとダニ対策
多様な森林施業のために | 遷移と森林
打撃音による徳島杉丸太の動的ヤング係数測定(動画あり)
ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
ヘリンボーン貼りとは
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
2011年 8月12日 金曜日  |   関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.