構造用合板に釘がめり込んだら…?

耐力壁としての構造用合板は、通常釘打ちで固定しますが、釘のめり込み過ぎはよくありません。

釘が合板にめり込むと、地震時の変形などで釘頭直下の合板が突き抜けてしまい、釘が効かないこととなります。

釘がめり込んだ場合は、めり込んだ部分のその脇に打ち増すことが望ましいです。

ツーバイフォー工法の場合、釘打ちについても細かく取り決められています。

 

関連記事

木造トラス建築現場 [14] トラスをあおり止め金物で固定
徳島杉在来パネルの集合住宅
国産材2x4への取り組み
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
熱橋(ヒートブリッジ)とは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
セルローズファイバー断熱 責任施工
破風板とは
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
ツーバイフォー工法の介護老人保健施設 | 徳島市
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
耐震・制震・免震構造とは
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [2]
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
グラスウール、セルローズファイバー、吹付硬質ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレンフォーム 燃焼比較【動画】
2012年 9月5日 水曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.