構造用合板に釘がめり込んだら…?

耐力壁としての構造用合板は、通常釘打ちで固定しますが、釘のめり込み過ぎはよくありません。

釘が合板にめり込むと、地震時の変形などで釘頭直下の合板が突き抜けてしまい、釘が効かないこととなります。

釘がめり込んだ場合は、めり込んだ部分のその脇に打ち増すことが望ましいです。

ツーバイフォー工法の場合、釘打ちについても細かく取り決められています。

 

関連記事

坪とは - 単位
ラフ(木材)とは
CAD処理
木造トラス製造
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [2] 試験体製造過程
パララム(Parallel Strand Lumber)
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
間伐材の大規模搬出技術
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
プロセニアムとは
APFとは - エアコンの省エネ性能 -
屋根勾配(やねこうばい)とは
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
厳格な日本のツーバイフォー施工規定
ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
2012年 9月5日 水曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.