μ値(ミュー値)とは

μ値(ミュー値)は、夏期日射取得係数のことで、夏場の日射の入りやすさをあらわします。

μ値(ミュー値)=建物に侵入する日射量 ÷ 延べ床面積


μ値が小さいほど、日射が入りづらく、冷房効率が高いということになります。
夏が暑い地域では、庇や袖壁などで夏の日射を防ぐ工夫をし、建物に日射熱がたまりにくく設計する必要があります。

※ 平成25年省エネルギー基準においては、冷房期の平均日射熱取得率(ηA値 [イータ・エーち])として、基準が設けられました。

省エネルギー基準 [平成25年基準]
地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
外皮平均熱貫流率(UA値)
の基準値[W/(m2・K)]
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87
冷房期の平均日射熱取得率
(ηA値)の基準値
3.0 2.8 2.7 3.2
 

関連記事

十勝毎日新聞に2x4住宅の視察研究会/セミナーの様子が掲載されました
間柱(スタッド)とは
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
熱貫流率とは
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [4] 2x4部材としての合板代替品の強度試験
国産材2x4への取り組み
パララム(Parallel Strand Lumber)
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
間伐材の大規模搬出技術
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
スラブへ複合フローリングを直張り工事
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
ベタ基礎とは
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 4月5日 木曜日  |   関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.