構造用LVL

構造用LVL(Laminated Veneer Lumber)は、ロシアカラマツ、米松(ダグラスファー)、ラジアータパイン、国産カラマツ、スギなどの単板を、完全乾燥し、積層して耐水接着剤で張り合わせたものです。

合板に似ていますが、単板の繊維の方向がすべて平行となる点が、単板の繊維方向をクロスする合板とは異なります。
この繊維方向の統一により、縦方向に対する強度が強くなり、主に軸材(柱・梁)に使用されます。

構造用LVLは、完全乾燥した単板を積層するため、含水率は周辺・中心部ともに10%程度とほぼ均一となり、周辺・中心部の含水率が異なる無垢材に比べると、経年変化による縮み・狂いが少なく、非常に形状が安定しています。

注意点は、乾燥しているため雨に濡れると膨れやすい点です。

***

LVLは、TJIの両端にも使われています。

2010年 3月10日 水曜日  |   関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.