厳格な日本のツーバイフォー施工規定

「海外から取り入れられた工法」という理由から、日本のツーバイフォー工法は、在来工法に比べて非常に厳しい規定が国によって定められました。

日本のツーバイフォー工法は、構造材や釘のサイズ・使用方法・使用箇所について、技術基準告示や【フラット35】対応 枠組壁工法住宅工事仕様書 平成24年版(監修:住宅金融支援機構)によって細かく規定されています。

この規定により、ツーバイフォー工法には在来工法よりもはるかに高い施工精度が求められ、結果として性能が担保されることになり今に至ります。

施工業者ごとの品質差が発生しにくく、施工精度が担保された工法

一般に住宅は、施工業者によって品質にバラツキがあると言われます。

この点においてツーバイフォー工法は、そのシンプルな思想から、理屈通りに施工すれば品質が確保される工法です。

さらに日本では、国土交通省の定める技術基準に従って建設することになっており、材料や施工方法が詳しく規定されているため、施工業者ごとの品質差は在来工法と比べてかなり少ない傾向にあります。

特に工場生産でのパネル方式の場合、安定した品質で供給されます。

さらに日本ツーバイフォー建築協会では自主工事検査制度を設けて品質管理を徹底しています。

2012年 8月28日 火曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.