熱抵抗値R

伝導する熱の伝わりやすさは材料によって異なります。
それを数値化したものが熱伝導率(λ 読み方:ラムダ)です。
熱伝導率が小さいほど、熱を伝えにくいことになります。

断熱材の熱伝導率と、断熱材の厚みから、熱抵抗値R (m2・K/W) が求められます。

熱抵抗値R=厚さd/熱伝導率(λ)

※ちなみに2x4に使われるRコントロールパネルのRは熱抵抗値のRです。

気をつけなければいけないのは、断熱材の「種類」によって断熱性能が決まるわけではなく、「厚み」と、「隙間なく施工されているか」によって、断熱性能が変わります。

» 断熱材は入っているだけでは意味がない
» 断熱施工の悪い例
» つららと断熱の関係

断熱材の熱伝導率(λ)

無機系断熱材 材料名 熱伝導率(λ)
グラスウール 10k 0.05
32k 0.036
高性能グラスウール 16k 0.038
24k 0.036

グラスウールは低価格で施工しやすいが、隙間なく施工するには知識と技術が必要。熟練者の施工でない場合、隙間ができやすく結露しやすい。グラスウールは袋入りのものが主流と思われているが、袋に入っているものは施工者がグラスウールの粉塵を吸引しにくく、施工しやすいためであり、世界の中で日本の本州以南でしか使われていない。北海道や海外では袋に入っていないものが標準である。(袋に入っていると、隙間なく施工されたか確認できない)

発泡系断熱材 材料名 熱伝導率(λ)
ウレタンフォーム 2種2号 0.024
フェノールフォーム A種2号 0.02
ポリスチレンフォーム 2種 0.038

発泡系断熱材は、隙間なく充填施工できるため結露しにくいが、吹き込みが足りないと当然結露する。高価格で、製造時・廃棄時の環境負荷が大きく、ヨーロッパをはじめとする先進国ではゼロ・エミッション(住宅の製造・廃棄時のエネルギーもゼロに近づける)が求められはじめ、使われにくくなっている。

木質系断熱材 材料名 熱伝導率(λ)
セルローズファイバー 55k 0.04

隙間なく充填施工できる上、調湿に優れるため結露しにくいが、技術のない者が施工すると沈下して隙間ができる。
高価格だが、製造時の環境負荷が小さい。
調湿性、防音性/吸音性に特に優れる。
(難燃性、リサイクル性、駆虫性、防カビ性、防錆性、調湿性)

» セルローズファイバー責任施工

2010年 3月7日 日曜日  |   関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.