熱橋(ヒートブリッジ)とは

熱橋とは、外壁と内壁の間にある柱・梁などが熱を伝える現象です。
断熱材以外の柱・梁などは、建物内外を熱が伝わりやすくなっており、熱橋と呼ばれます。


柱や梁などの熱橋部分は熱を伝えやすい。

木は熱を伝えにくいように思われがちですが、断熱材に比べると熱伝導率は高いため、柱や梁も熱橋としてされます。

家の断熱性能の目安であるQ値(キュー値)計算の際にも熱橋が関係します。
壁・床・天井など外皮は、柱・梁(熱橋)、断熱材などから構成されており、それぞれの熱伝導率と厚みから熱貫流率を計算することができます。
» 材質による熱伝導率比較表

熱橋が少なければ少ないほど断熱効果が高まります。
熱橋による断熱欠損が過剰であると、冷暖房の熱効率が悪くなり、光熱費が高くなるばかりでなく、温度差により壁内に結露やカビなどが発生する原因になります。

特に鉄骨やコンクリートは熱を伝えやすいため、注意が必要です。

 

関連記事

E4Eとは - ウッドデッキ
白太(しらた)とは - 木材
ツーバイフォー(2x4) | ツーバイフォー部材アッセンブル・パネルプレカット
ラフ(木材)とは
壁内気流(壁体内気流)とは
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [2] 試験体製造過程
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
森林の気温緩和効果
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
環境のためにスギ人工林ではダメなのか?-森林の発達段階から考える-
RC構造における徳島すぎ防音床の開発
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
テーパーとは
セルローズファイバー断熱 責任施工
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
ツーバイフォー工法は設計の自由度が低い?
台風にも強いツーバイフォー工法【耐風性】
耐震・制震・免震構造とは
3階建て住宅の実大火災実験
ツーバイ材 材寸表(KD)
2010年 4月14日 水曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.