熱橋(ヒートブリッジ)とは

熱橋とは、外壁と内壁の間にある柱・梁などが熱を伝える現象です。
断熱材以外の柱・梁などは、建物内外を熱が伝わりやすくなっており、熱橋と呼ばれます。


柱や梁などの熱橋部分は熱を伝えやすい。

木は熱を伝えにくいように思われがちですが、断熱材に比べると熱伝導率は高いため、柱や梁も熱橋としてされます。

家の断熱性能の目安であるQ値(キュー値)計算の際にも熱橋が関係します。
壁・床・天井など外皮は、柱・梁(熱橋)、断熱材などから構成されており、それぞれの熱伝導率と厚みから熱貫流率を計算することができます。
» 材質による熱伝導率比較表

熱橋が少なければ少ないほど断熱効果が高まります。
熱橋による断熱欠損が過剰であると、冷暖房の熱効率が悪くなり、光熱費が高くなるばかりでなく、温度差により壁内に結露やカビなどが発生する原因になります。

特に鉄骨やコンクリートは熱を伝えやすいため、注意が必要です。

 

関連記事

赤身とは - 木材
十勝毎日新聞に2x4住宅の視察研究会/セミナーの様子が掲載されました
ツーバイフォー(2x4) | ツーバイフォー部材アッセンブル・パネルプレカット
モルダーがけとは
セルローズファイバーの工場吹き込み実験
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [5] おわりに
パララム(Parallel Strand Lumber)
間伐材の大規模搬出技術
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
スラブへ複合フローリングを直張り工事
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
北米で大型木造建築にCLT(Cross Laminated Timber)が多く利用される理由
ベタ基礎とは
2020年の省エネ義務化へのロードマップ
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
ツーバイフォー工法の介護老人保健施設 | 徳島市
掛け張りとは
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2010年 4月14日 水曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.