省エネ住宅に向いているツーバイフォー工法

省エネルギー住宅は「高性能な外皮」が前提

居住時の暖冷房エネルギーを抑えるための高性能な外皮は、省エネルギー住宅の基本中の基本です。高性能な外皮性能、つまり断熱性・気密性は、施工者の施工技術により性能に大きな差が出ます。断熱・気密施工のしやすいツーバイフォー工法は、施工者の技術に左右されることなく断熱・気密を確保できるという点で優れています。

ツーバイフォー工法は、高性能な外皮を獲得しやすい

ツーバイフォー工法は、壁同士を組み合わせる構造のため、気密性を確保しやすいのが特長です。

一般的な在来工法では、高性能な外皮にしようとすると、気流止めなどの追加作業が多くなります。

現場での作業工程が増えるほど、施工者の熟練度や工程・天候・作業性による施工ミスが増えやすく、結果として断熱欠損(外皮の性能ダウン)につながりやすくなります。

ツーバイフォー工法は断熱材の性能を最大限に引き出せる構造

ツーバイフォー住宅は、構造体そのものを断熱化し易く、気密施工も容易なため、建物自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えています。

ツーバイフォー工法の外壁は、枠組材に構造用面材を貼った大壁構造であり、枠組材の間の空間がシンプルであるため断熱材の充填が容易かつ、確実に行えます。(複雑な柱が筋交いがあると、施工技術による断熱欠損が生じやすい)

 

関連記事

白太(しらた)とは - 木材
十勝毎日新聞に2x4住宅の視察研究会/セミナーの様子が掲載されました
TJI【Trus Joist I Beam】Ⅰ型ジョイスト
構造用LVL
徳島杉の心材の耐蟻性はヒノキ同等
徳島すぎの強度(前編)~実大材強度試験の経緯
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
徳島杉の平角人工乾燥材の収縮率
快適な木の住まいとダニ対策
木材の含水率について
破風板とは
ツーバイフォー工法の介護老人保健施設 | 徳島市
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
掛け張りとは
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
ファイヤーストップ構造 | 2x4工法の耐火性能
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
日本製紙木材(株) スーパージェットファイバーの許認可一覧
グラスウール、セルローズファイバー、吹付硬質ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレンフォーム 燃焼比較【動画】
2012年 8月7日 火曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.