省エネ住宅に向いているツーバイフォー工法

省エネルギー住宅は「高性能な外皮」が前提

居住時の暖冷房エネルギーを抑えるための高性能な外皮は、省エネルギー住宅の基本中の基本です。高性能な外皮性能、つまり断熱性・気密性は、施工者の施工技術により性能に大きな差が出ます。断熱・気密施工のしやすいツーバイフォー工法は、施工者の技術に左右されることなく断熱・気密を確保できるという点で優れています。

ツーバイフォー工法は、高性能な外皮を獲得しやすい

ツーバイフォー工法は、壁同士を組み合わせる構造のため、気密性を確保しやすいのが特長です。

一般的な在来工法では、高性能な外皮にしようとすると、気流止めなどの追加作業が多くなります。

現場での作業工程が増えるほど、施工者の熟練度や工程・天候・作業性による施工ミスが増えやすく、結果として断熱欠損(外皮の性能ダウン)につながりやすくなります。

ツーバイフォー工法は断熱材の性能を最大限に引き出せる構造

ツーバイフォー住宅は、構造体そのものを断熱化し易く、気密施工も容易なため、建物自体がもともと優れた断熱性・気密性を兼ね備えています。

ツーバイフォー工法の外壁は、枠組材に構造用面材を貼った大壁構造であり、枠組材の間の空間がシンプルであるため断熱材の充填が容易かつ、確実に行えます。(複雑な柱が筋交いがあると、施工技術による断熱欠損が生じやすい)

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
ツーバイフォー(2x4) | ツーバイフォー部材アッセンブル・パネルプレカット
ラフ(木材)とは
ラミナとは
モルダーがけとは
ツーバイフォー工法の帯金物写真
抵抗性マツの種子生産状況とその抵抗性について
徳島杉の強度(後編)~品質管理の事例
セルローズファイバーの現場吹き込み(壁)
スギ黒心材の耐蟻性
林業~スイングヤーダによる間伐材生産システム
木は乾燥させたほうが性能が上がる5つの理由
日本ツーバイフォー建築協会 四国支部が発足、大利木材社長が支部長に就任
つららと断熱の関係
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
大利木材の私有林でCO2吸収に貢献しています
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [2]
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
2012年 8月7日 火曜日  |   関連タグ: , , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.