熱貫流率とは

熱貫流率(U値)とは、温度差のある空間(部屋内と外など)を隔てる材料(壁や窓)の熱の伝えやすさを表す数値です。
小さいほど熱を伝えにくく、断熱性能が高いとされます。

熱貫流率(U値)熱抵抗値(R値)の逆数です。
熱抵抗値(R値)がわかれば熱貫流率(U値)もわかります。
熱抵抗値(R値)は材料固有の熱伝導率(λ値)厚みから割り出せます。

熱貫流率U値 =1/熱抵抗値 R
  =1/(厚み(m)÷熱伝導率(W/m・K))

低炭素建築物認定

低炭素建築物認定には、「躯体の外皮性能等」の項目で、外皮平均熱貫流率(UA値)、冷房期の平均日射熱取得率(η 読み方:イータ)の計算値が必要となります。

外皮平均熱貫流率とは、住宅の内部から外部へ逃げる熱量を外皮全体で平均した値をいい、具体的には、壁・床・天井・開口部などからの熱損失の合計を、外皮表面積で割った値となります。

ここで外皮とは、暖冷房する空間と外気の境界に位置する部位のことをいい、例えば床、床裏が外気に通じない基礎(基礎断熱工法)、外壁、天井または屋根、開口部などの部位を差します。

外皮平均熱貫流率の算出方法

外皮平均熱貫流率[W/(m2・K)] = (A)外皮総熱損失量÷(B)外皮面積の合計

外皮平均熱貫流率では、Q値計算と違って換気性能は無視します。(一次エネルギー消費量で考慮されるようになっています。)

低炭素建築物認定において、外皮平均熱貫流率は、以下の基準値を下回る必要があります。

地域区分 1 2 3 4 5 6 7 8
基準値
(単位 1平方メートル1度につきワット)
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87

部位の熱貫流率計算~木造の熱貫流率

熱貫流率(U)は、当該部位の一般部(断熱部)の熱抵抗(R)を用いて下式より求めることができる。

U=1/R + Ur

R:一般部の熱抵抗[m2・K/W]
Ur:壁体の熱橋を補正するために加算する値で、当該部位の断熱工法等に応じて定められた値[W/(m2・K)]

木造部位の断熱工法等に応じた補正熱貫流率(Ur)

部位 断熱工法等 補正熱貫流率Ur
軸組工法等 枠組工法等
0.13 0.08
外壁 充填断熱、充填断熱+外張断熱 0.09 0.13
外張断熱 0.04
天井 充填断熱 0
桁間断熱 0.05
屋根 充填断熱、充填断熱+外張断熱 0.11
外張断熱 0.02

評価対象住宅の一次エネルギー消費量及び基準達成率を算定するための支援ツールが用意されています。
» 一次エネルギー消費量及び基準達成率算定支援ツール(算定用Webプログラム)

※高気密・高断熱の性能を評価する場合、理論値も重要ですが、隙間なく施工できているかどうかが実際の快適性を左右するので、まったく同じ仕様の住宅でも、施工者が異なれば快適性に歴然と差が出ることもあります。
» 隙間なく施工できるエコ断熱材セルローズファイバー

熱伝導率(λ値)

熱伝導率は材料自体を評価する数値であるのに対し、熱貫流率(U値)、熱抵抗値(R値)はさらにその材料の厚さも評価します。

熱貫流率は材の厚さによって変化するため、熱伝導率の一覧を以下に示します。

熱伝導率一覧表

材料の分類 材料名 熱伝導率(λ
W/m・K
備考
密度
kg/m3
規格等
セメント・コンクリート・レンガ セメントモルタル 1.5    
コンクリート 1.6  
軽量骨材コンクリート  1種 0.81 1,900
2種 0.58 1,600
軽量気泡コンクリートパネル(ALCパネル) 0.17 500~700 JISA5416
普通レンガ 0.62 1,700以下  
耐火レンガ 0.99 1,700~2,000
金属類 370 8,300   
アルミニウム合金 200 2,700
鋼材 53 7,830
35 11,400
ステンレス鋼 15 7,400
ガラス・プラスチック・ゴム フロートグラス 1 2,500 ISO/TC163 N293E
アクリルガラス 0.2 1,050
PVC(塩化ビニル) 0.17 1,390
ポリウレタン 0.3  
シリコン 0.35 1,200
プチルゴム 0.24 1,200
木質材・木質繊維材 天然 1 種 0.12 檜、杉、えぞ松、とど松等
2 種 0.15 松、ラワン等
3 種 0.19 ナラ、サクラ、ブナ等
合板 0.16 420~660  
断熱木毛セメント板 0.1 400~600 JISA5404
木片セメント板 0.17 1,000以下 JISA5417
ハードボード 0.17 950以下 JISA5905
パーティクルボード 0.15 400~700 JISA5908
せっこう せっこうボード 0.22 700~800 JISA6901
せっこうプラスター 0.6   JISA6904
漆喰 0.7 1,300  
土壁 0.69 1,280  
繊維質上塗材 0.12 500 JISA6908
床材 畳床 0.11   JISA5901
タイル 1.3 2,400 JISA5209
プラスチック(P)タイル 0.19 1,500 JISA5705
無機繊維系断熱材 住宅用グラスウール断熱材 10K相当 0.05 約10 JISA9521
16K 〃 0.045 約16
24K 〃 0.038 約24
32K 〃 0.036 約32
高性能グラスウール断熱材             16K 〃 0.038 約16
24K 〃 0.036 約24
吹込み用グラスウール    GW-1 0.052 約13 JIS A 9523
GW-2 0.052 約20
30K相当 0.04 約30 乾式
35K 〃 0.04 約35 乾式及び接着剤併用工法
住宅用ロックウール断熱材 0.038 30~50 JIS A 9521
ロックウールフェルト 0.049 30~70 JIS A 9504準用
ロックウール保温板              1号 0.044 40~100
2号 0.043 101~160
吹込み用ロックウール  25K 0.047 25以上 JIS A 9523
35K 0.051 35±5
ロックウール化粧吸音板 0.058 300~400 JIS A 6301
吹付けロックウール 0.047 180~220  
発砲プラスチック系断熱材 ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板 持号 0.034 27以上 JIS A 9511
1号 0.036 30以上
2号 0.037 25以上
3号 0.04 20以上
4号 0.043 15以上
押出法ポリスチレンフォーム保温板  1種 0.04 20以上
2種 0.034 20以上
3種 0.028 20以上
硬質ウレタンフォーム保温板 1種 1号 0.024 45以上 JIS A 9511
 〃 2号 0.024 35以上
 〃 3号 0.026 25以上
2種 1号 0.023 45以上
 〃 2号 0.023 35以上
 〃 3号 0.024 25以上
吹付硬質ウレタンフォーム(現場発泡品) 0.026 25以上 JISA9526
ポリエチレンフォーム A 0.038 20~40 工業会規格
B 0.042 10~40
フェノールフォーム保温板 1種 1号 0.033 45以上 JIS A 9511
 〃 2号 0.03 30以上
2種 1号 0.036 50以上
 〃 2号 0.034 40以上
木質繊維系断熱材 A級インシュレーションボード 0.049 350未満 JISA5905
タタミボード 0.045 270未満
シージングボード 0.052 400未満
吹込み用セルローズファイバー断熱材 0.04 約25 JISA9523
0.04 45、55 接着剤併用工法

追記: 熱貫流率は、以前はK値とも表記されていましたが、国際的な呼び名に合わせ、U値という表記が一般的になっています。

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
壁内気流(壁体内気流)とは
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [2] 試験体製造過程
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [3] 2x4部材強度試験
地域材(徳島杉)を利用した2x4部材開発 [4] 2x4部材としての合板代替品の強度試験
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
構造用LVL
熱橋(ヒートブリッジ)とは
セルローズファイバーの床施工動画
セルローズファイバー断熱 責任施工
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
省エネ住宅に向いているツーバイフォー工法
構造用合板に釘がめり込んだら…?
掛け張りとは
西日本は本当に温暖か~冬は日射が多い割に寒い | 断熱の話(1)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [2]
ダイヤフラム論 | 部材の組み合わせによる構造強化
木質トラスとツーバイフォー工法の老人健康保険施設 | 建築レポート
日本製紙木材(株) スーパージェットファイバーの許認可一覧
グラスウール、セルローズファイバー、吹付硬質ウレタンフォーム、押出発泡ポリスチレンフォーム 燃焼比較【動画】
関連タグ: ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.