セルローズファイバーの工場吹き込み実験

セルローズファイバーを工場で吹き込む実験を行いました。

セルローズファイバーは新聞古紙などを粉末状にした断熱材です。
グラスウールに比べると割高ですが、断熱性・吸音性にすぐれ、健康にもやさしいとされます。

工場吹き込みの利点は、隅々までセルローズファイバーが吹き込めているか確認できるため、経年によるセルローズファイバーの沈下(=断熱性能の低下)が起きにくくなります。※現場吹き込みの場合、吹き込みができたかの確認は職人/現場まかせとなります。

ブローイング工法で吹き込みます。

***

セルローズファイバーを吹き込んだパネルをトラックに積んで750kmを走り、沈下の様子を調べました。

見た目にも、しっかりと詰まった状態でいます。

セルローズファイバーに沈下の様子はまったく見られませんでした。

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
十勝毎日新聞に2x4住宅の視察研究会/セミナーの様子が掲載されました
ツーバイフォー(2x4) | ツーバイフォー部材アッセンブル・パネルプレカット
壁内気流(壁体内気流)とは
国産材2x4への取り組み
パララム(Parallel Strand Lumber)
μ値(ミュー値)とは
Q値(キュー値)とは
セルローズファイバーの現場吹き込み(天井)
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
セルローズファイバーの床施工動画
セルローズファイバー断熱 責任施工
徳島県建築士事務所協会総会にてHCパネルのプレゼンを行いました
断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
木材は火に強い【燃えても強度が低下しにくい】
ツーバイフォー住宅は地震に強い【阪神淡路大震災】
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.