セルローズファイバーの工場吹き込み実験

セルローズファイバーを工場で吹き込む実験を行いました。

セルローズファイバーは新聞古紙などを粉末状にした断熱材です。
グラスウールに比べると割高ですが、断熱性・吸音性にすぐれ、健康にもやさしいとされます。

工場吹き込みの利点は、隅々までセルローズファイバーが吹き込めているか確認できるため、経年によるセルローズファイバーの沈下(=断熱性能の低下)が起きにくくなります。※現場吹き込みの場合、吹き込みができたかの確認は職人/現場まかせとなります。

ブローイング工法で吹き込みます。

***

セルローズファイバーを吹き込んだパネルをトラックに積んで750kmを走り、沈下の様子を調べました。

見た目にも、しっかりと詰まった状態でいます。

セルローズファイバーに沈下の様子はまったく見られませんでした。

関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.