セルローズファイバーの現場吹き込み(壁)

隙間なく施工ができるセルローズファイバー
壁内結露の心配がなく、防音性にすぐれ、エコな商品です。

壁へのセルローズファイバーの吹き込みの様子をご紹介します。


不織シートを張り、間柱の間にセルローズファイバーを吹き込みます。
セルローズファイバーが均等に入るよう、訓練した技術者が施工します。

*****

セルローズファイバーの現場吹き込み(2階壁面)の様子です。


セルローズファイバーの吹込みが完了した壁面。

吹き込んだ穴は気密防水テープで塞いでいきます。

幅広の気密防水テープです。

穴をふさいだ様子です。

*****

外ではもう一人がセルローズファイバーをほぐしながら機械に投入し、ブロアー(送風機)でポンプを使って施工者の手元へ送ります。

ほぐす前のセルローズファイバー。
日本製紙木材のスーパージェットファイバーです。

壁面への現場吹込みは、上端部まで確実に施工し、セルローズファイバーが沈下しないように気を付ける必要があります。
セルローズファイバーが沈下すると、断熱材に隙間ができ、断熱効率が大幅に下がるためです。
大利木材ではセルローズファイバーのメーカーである日本製紙木材により指導を受けた技能資格者が責任施工を行なっています。

» セルローズファイバー施工

関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.