断熱施工の悪い例 | 暖冷房が効きにくいだけでなく結露・カビ・ダニの原因

断熱施工の悪い例です。
見えない部分だからわかりにくいですが、こういう現場が多いのが現状です。
 




どんな高性能な断熱材も、「入っている」だけでは意味がありません。
現場監督や施工者(大工・設備・電気工事)は、断熱施工の重要性を知らないのか、知っていてやっているのでしょうか。
いずれにせよ断熱材の隙間は断熱効果を激減させるだけでなく、壁内結露が発生し、カビ・ダニ・アレルギーの原因となり、住宅の寿命を縮めます。

 

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
国産材2x4への取り組み
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
パララム(Parallel Strand Lumber)
μ値(ミュー値)とは
Q値(キュー値)とは
セルローズファイバーの現場吹き込み(壁)
かんけつだんれいぼうとは【間欠暖冷房】
セルローズファイバーの床施工動画
セルローズファイバー断熱 責任施工
つららと断熱の関係
断熱材の隙間が生む9つのトラブル
C値とは【隙間相当面積】
ツーバイフォー住宅は火に強い【気密性】
夏の平均最高気温が沖縄より高い西日本 | 断熱の話(2)
冬寒く、夏暑い家~日本の住宅の実情 | 断熱の話(3)
断熱していない家が環境に悪い理由 | 断熱の話(4)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [1]
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
ツーバイ材 材寸表(KD)
関連タグ: , ,
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.