ツーバイフォー工法は設計の自由度が低い?

間違いです。

規定である技術基準告示においても、一般的には4m幅の開口、一つの壁区画の中で3/4開口率が確保出来るようになっており、日本の平均的な戸建住宅の場合には、設計上の制約にはまずなりえません。

四方の外壁が最低1/4ずつ存在すれば、あとはスケルトン&インフィルです。

【ツーバイフォー工法の制約の概要】
技術基準告示に基づき耐力壁をバランス良く配置し、窓などの開口部は一定のルールに基づいて設定するなどがあります。ただしその多くは耐力壁に関するもので、上記の通り戸建住宅においてはまず設計上の制約にはなりえません。

 

関連記事

戸建賃貸住宅アルテアークの徳島モデルハウス
坪とは - 単位
赤身とは - 木材
木造トラス製造
徳島杉在来パネルの集合住宅
日本ツーバイフォー建築協会 四国地区懇談会の開催レポート
μ値(ミュー値)とは
間伐材の大規模搬出技術
林業~作業現場へのモノレールの活用について
テーパーとは
スラブへ複合フローリングを直張り工事
セルローズファイバーは日本では湿式吹き込みできないのか
壁の中が結露する理由【断熱施工不良】
真空断熱材に穴が開くとどうなるか 【動画】
東日本大震災にてツーバイフォー住宅は98%が補修不要(津波被害除く)
ツーバイフォー住宅は地震に強い【耐震最前線】
ヘリンボーン貼りとは
断熱していないと建てたあとにお金がかかる | 断熱の話(6)
杉を利用した2x4部材開発 | 杉の年輪幅は強度に関係あるか [3]
耐力壁のくぎ打ち間隔を狭めることの弊害
2012年 9月13日 木曜日  |   関連タグ:
Copyright (C) 2012 大利木材株式会社, Dairi Lumber Co., Ltd. All Rights Reserved.